読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

REALITY

アクティブなメンヘラの行進日記

017

春霞たなびく山の桜花見れども飽かぬ君にもあるかな

 

ちょっと靄がかかったような天気が切なくて好きです。学校が本格的に始まりまして、疲れがたまる日々が続いています。

毎日の早起きが辛くて、起きたくなくて、それでも起きなきゃいけなくて。結局はのろのろと起きて仕度してきちんと出席しているのですが……、学校が終わってもバイトがあるので、休息を常に求めています。ああお休みがほしい!

 

そんな自分を慰めるために(自分に甘い)キールズのリップバームを買ってしまいました。とてもいいですオススメです。

 

 f:id:xotic910:20170411004930j:image

 

雨と低気圧で調子が悪い方も多くいらっしゃると思います。

どうかご自愛ください。

 

 


にほんブログ村

016

はいやってきました新学期。

 

激動の新歓シーズンが終わり、1年生を狙う上級生のハイエナのような目が落ち着いてきたころです。私も勧誘に行かなければいけない立場なのに、お祭り騒ぎのキャンパスに入った途端、人の多さと音に心臓バクバク、目線はきょろきょろ、落ち着きのない動きで変人感満載な行動をしてしまいました。ごめんね1年生ちょっと私勧誘してる場合じゃない。

なんとか拠点にたどり着いた後は、ひたすら自分たちの城(という名のブース)を守る役に徹しました。それでも新入生に歓迎している意思を示すためには、私も話しかけたりしなきゃいけないわけであって……。誰だろう私をこのポジションに据えたのは。

人とお話しする、ということ自体はとても好きなのですが、いかんせん精神力を使うのです。夜のうちにコミュ力ゲージを満タンにしていても、1日でゲージ赤・瀕死状態に。つらい。

 

そういえば、先日採血する機会があったのですが、右腕の血管が浮き上がらず看護師さんを困らせました。仕方なく左腕(リスカ痕だらけ)で採血をしてもらいました。恥ずかしいとか、どう思われてるのかなど気にしません。変なところで割り切っているのです。この冷めてる感情を他のところにも応用できればいいのに。

 

 

明日行きたくないなぁ。


にほんブログ村

015

 

今日とっても寒いですね。

 

最近読書にはまっています。昔は四六時中本を読んでいたのですが、スマホが便利になるにつれて読書の時間が減り、バイトでさらに減り、という状態でした。けれどSNS疲れなのか、純粋に人と直接的にかかわるのに疲れたのか、スマホをあまり触らなくなったので、代わりに本にのめりこみ始めました。ちなみにこれも昔と同じルートをたどっています。話を戻して、最近読んだ中でのおすすめ本は、松尾スズキさんの「クワイエットルームにようこそ」です。

 

恋人との別れ話の末ODした主人公が閉鎖病棟内で過ごす14日間について描かれたものなのですが、適度にポップな描写、それなのに登場人物それぞれから感じる狂気など、なんというかすごくライトなんだけど重い。ネタバレはしたくないから詳しくは言えないけれど、私もいつか決別しなきゃと思わされました。何からとは言わないけれど。書店にはもうほとんどないみたいなので(なんせ10年も前の小説)、興味のある方はブック◯フさんへどうぞ。

 

ストックしていたリスパダールがどんどん減っていきます。リスパダールの後味が結構苦手なのですが(誰だグレープフルーツ味って言ったのは)(不味い)チョコレートの後に食べると上手く消されて飲みやすいです。おかげでチョコの消費が増えてる。

 

 

ただいま、日付変わりまして12時と10分。リスパダール不使用のお知らせです。いや、今日は謎の余裕があった、よかった。雨でお客さんが少なかったおかげかな。明日はお休みだし、ゆっくりねたいな。

 

 


にほんブログ村

014

 

もう直ぐ学校が始まります。

 

最近は周りのことが気になったり、音にイライラしたり、体調がとても悪いです。通院していた頃に貯めた頓服リスパダールを使い始めました。久しぶりに特有の口渇感を感じていますが、これで粘れるところまで粘る所存です。通院高いんだもん……。

 

さいきん将来のことを意識し始めて、精神病(もしくは関連する病)の既往歴が将来に与える影響を悲観しています。だって、調子が良ければフルで働けるけど、突然駄目になる人間より、健康的な人の方がいいにきまってるから。というか入院歴とか既往歴とか企業側にバレないのかな、怖い。

 

そういえば最近掛け持ちしていたバイトのうちの1つを退職しました。問題があったとかそういうわけではなく、円満な退職です。プレゼントまでいただいて、嬉しかったのですが、やっぱり終わるのが寂しいです。

f:id:xotic910:20170329110628j:image

バイトのご褒美に、チョコレートとか甘いものを買っていたのですが、これで暫く夜食ご褒美は事足りそう🙏🏻🙏🏻

人の目が気になりだして、落ち着かないのでもうそろそろシフトのペースを考えなければ。

 

新しい年度が始まっても、頑張れますように。頑張りたい。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ
にほんブログ村

013

 

もうすぐ3月も終わりですね。

 

突如として、信頼している人が得体の知れない何かになるときってないですか。昨日からずっとある人に対する不信感が抜けないつむぎです。

もしかしたらその人の皮を被った別人じゃないか、とか、他の人が返信しているのではないか、といった疑念が燻っています。怖くておちおち返信もできません。

 

もしかしたら私の彼に対する像は本来の彼自身と違ったのかもしれません。ちょっと自信なくなってきたなぁ。本当に怖くて素っ気ない態度しかとれないのです。だってあんなにも怖いことをいうから。

電車の中で半泣き、夜は亀のように布団被りながらめそめそと泣いております。おかげで目覚めた時の瞼が大惨事です。

 

まっすぐに人を信頼したいなぁ

 

 


にほんブログ村

012


きっと誰も助けてくれないし、助けてもらうことすら烏滸がましいと思う。

 

追い詰められると自死しそうになるつむぎです。この間自分のミスに自分自身で気付いてしまい希死念慮がむくむく育っています。というより、自分のミスが与える影響が大きすぎて茫然としています。自分一人の問題ではないのでこれまた大変。自分だけに影響があるのならどうでもいいと思うけど、今回はかなり広範囲に迷惑をかける事態。
無責任に逃げることも許されないし、してはいけないと思うからこそ、しんどさも倍に。当然だけど、自分に責任があるので最後までやり抜きます。そのあとの自分の体調は神のみぞ知るということで。


自分の生命にも責任持てないのに、他人に関わる事案の責任を負いたがるって本当に馬鹿ですね。半年前くらいの自分をちょっと殴りたい。私をよく知るお人はこういう自分をよく叱ってくれます。有り難い限りです。けれど最近は、なんだか裏があるんじゃないかとか、本当は快く思ってないんじゃないかとか、そういう考えに囚われて申し訳ない気持ちです。私のことを大切に思ってもらえてる人に対しては誠実でありたいし、信頼したいのに、それもままならない。捨てられるのが怖いから、捨てられる前に、何か自分で正当な理由をつけて遠ざけたいのかな……。とはいえ昔から自分自身に対しての信用はゼロなので、全くこの推察もアテにならない笑

 

とりあえずもうそろそろ手をつけて、あとで来るダメージを減らさなきゃ。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ
にほんブログ村

011

 

春らしくなってきましたね。

特筆して辛いことはないのに、ずっとぼーっとしてふわふわしています。憂鬱かもしれません。眠いです。今日は天気が良くないのでとりわけ眠気が強い。

 

電車に揺られていると、そのままどこか誰も自分のことを知らない場所に行きたくなります。窓の外をぼんやり眺めながら揺られていると、ゆっくりと静かに死に近付いているような気持ちになるからです。まあつまりは死にたくなるってだけです。

今日は朝から満員電車に乗って出勤です。最近は電車内で深い河という本を読むことが多いです。冒頭の妻を末期癌で亡くした男性の描写がとても好きで、なんというか、不器用な夫の哀しみがリアルで、切なくなります。

 

薄暗い雨の日はだめです。わけもなく死にたくなる。傷つけたくなる。最悪な日だ。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ
にほんブログ村

010

 

こんな夜には昔のことを思い出してしまう。

たとえば昔の不調は、アイデンティティの確立が上手くなされていなかったことによるものだと考えるようになった。じゃあ今はどうなんだと問われると、恥ずかしいけれどまだモラトリアム期間だとしか言えない。私はまだ自分自身がどんな人間で、どんな役割を持てばいいのかなんてわからないし、見つけられてもいない。自分らしさってなんだ。どうせ個性もすべてあと数年もすれば刈り取られて、みな同一に均されるというのに。自分の理想と似ても似つかない現実を受け入れられないまま、ここまで生きてきた。

けれどやっぱり確実に成長していて、ある程度は自分の現状を受け入れられるようになったし、納得も満足もしてると思う。高校時代、絶対に行けないだろう(その前に自殺してるだろう)と思っていた大学に通い、何とか一年修めた。友人だってできたし、心を許し、健全であろうと思える恋人だってできた。それなのに私は未だのろのろと自分に折り合いをつける段階から抜け出せていない。周りに置いて行かれることを一番恐れているのに、まだまだ甘えたまま。

人は怖いし、目線を合わせられると緊張するし、ひそひそ話されると自分のことだと思っちゃうし、変だと思われてないかとか、嫌われてるんだとか思うのも治らない。私が死んだって、代わりはいっぱいいる。こんな欠陥だらけの人間なんてきっと消えても誰も困らない。人の記憶に残っているなんてきれいごと信じないし、忘れてほしいとすら思う。それでも悲しんでほしいとか、覚えててほしいとか矛盾したことを考えてる。生きている意味は本当にあるんだろうか。私にしかできないことって何。私にできることなんて他の人にもできる。

じゃあどうして、なんで私は未だにこうやって酸素を消費して生きてるんだろう。

 

 


にほんブログ村

009

 

大切なものをなくしました。携帯です。

 

自分の馬鹿な行動でなくしたので非常に落ち込んでいます。金銭的にも、本体にもあまり思い入れがないのですが(バックアップ済)、それでもやはりダメージが大きく、精神状態が非常に悪いです。

 ショップ店員さんに聞いてみたところ、紛失した携帯が手元に戻ってくる確率は5割以下だそうで、もはや諦めています。これで買ったばかりとかだったら……考えるだけで恐ろしいです。

 

 

影響を受けやすくなっていたのか、症状が悪化しました。電車に乗れば動悸と不安感が強く、バイトも喧騒に耐えられずミスを連発。なんだか、ぼーっとしてしまって、周りのことを認識するのに時間がかかるのです。極め付けにそのミスでさらに落ち込むという。悪循環に嵌ってしまいました。

けれどもう、高校生じゃないから、自分のことは自分でしなきゃいけない。中途半端なことをして、万一入院したとしたら、その費用で割りを食うのは家計だし、自分だし。リスカだって働く以上見えるところにはできない。通院だって、費用を考えると難しい。

昔は人間関係と成績で自分を潰したけれど、今は将来とお金で自分を潰しかけてる。

お金なんて喚こうが、何しようがすぐに解決する問題ではないし、将来だって今のこんな不安定さが残ったままでは生きていけない。

どうしてこうなっちゃったんだろう、とか昔のことに固執することをやめたい。以前よりかはまともになってきてるけれど、やっぱり症状に理由を押し付けてしまうのをやめたい。というよりか病気だって思うのをやめたい。

 

いつまでこうやって甘えてるんだろう私。

 

 

 


にほんブログ村

 

008

 

一日のお休みをのんびりと過ごしました。

 これで明日からも頑張れそうです。

 

早くも三月中旬になりまして、大学生が履修に悩み始める時期が来ましたね。かくいう私もビール片手にシラバスを参照しながら組み立ててみました。正直、朝が早い典型的な単位落下型時間割ができてしまいました。

あとで苦しい思いをしたくない一心で組んだし仕方ないかな。

 

そういえば、最近"Tattoos Over Scars: Reclaiming Your Body | Tattoodo"という記事を読みました。瘢痕の上に施すタトゥーなのですが、どれもうまく調和していたり、心に刺さるような言葉だったり、なんというか。こういうアイディアが受け入れられる世の中になればいいのにって。少なくとも日本で刺青を入れるということは、危険性の高い行為です。日本での刺青の歴史が影響しているのか、現在でも社会通念上いい意味は持たないし、プールなどは以ての外で、門前払い。他の人からは敬遠され、白い目で見られることが多くなるでしょう。それでも、やっぱり、こういうアイディアは素直に感動します。まあいろいろな意見があるだろうけど。

ちなみに私自身に刺青は入ってないです。ピアスはそれなりに空いてるけれど、タトゥーは好みが変わったら面倒そうなので……。

 

最近、再び家の中で剃刀の大捜索を始めた(至る所に昔隠した剃刀が残ってる)ので私の腕が汚くなる日も近いでしょう。

本当はもっと平和的な解決方法を探すべきなんでしょうけど、他の方法といっても服だのなんだのを爆買いするか、誰にも何も言わずに旅行するか(当然莫大な費用がかかる)、それとも……。みたいな、まったく平和的でない解決方法しか取れないので、自分の財布にやさしく、他人に迷惑をかけず、なおかつ効率的に衝動を逃がすのに最適なのはやはり自傷なのです。本当にどうしてこんな屑みたいな人間になってしまったのか私……。

 

けれど、

仮に目の前にリセットボタンがあったとしたら、昔とは違って、少しは押すことを躊躇うと思う。ちょっとは成長した。頑張りたい。

 

とりあえずちょっとお酒飲んで刹那的な歓びを得てくるね。

アルコール依存症への道を突き進んでますつむぎでした。それではまた。

 


にほんブログ村