REALITY

大陸のどこかで生きるメンヘラ

021

今日も学校。

朝9時から授業があるのだけれど、大学が家から遠いところにあるためいつも6時起き。

実際6時に起きるというよりかは、4時くらいからぼちぼち目が覚め始めて、

二度寝、三度寝と繰り返して朝6時に調節する感じ。大体その時間にルーミーがお風呂入ってるから、私はそれが終わって姿が見えなくなるまで待機。基本ルーミーたちとは顔を合わさないように生きてる。

嫌いなわけじゃないんだけど、会いたくない。話したくない。どうしてだろう。

 

昨日と違ってタイミングよくバスを捕まえられたから、余裕の登校。

バスがいやでいやで仕方がなくて、学校に行きたくない部分もあるから、これだけでテンションはそれなりに回復する。ただ、人が多い。人が多いのは苦手だ。

 

あんまり他の子たちとコミュニケーションがうまく取れない。

こんなはずじゃなかったのに、っていつも家に帰ってから落ち込んで、何も手につかない。

もっと英語ができたら違ったんだろうか。英語ができる子はどんどん友達作ってて、羨望が嫉妬に変わる感じ。

こんなこと言ってる暇があったら勉強しろ、とか、友達作れ、とか、自分ではわかっているのに体と精神がついていかない。

 

何話してるのか分からないって、インパクトが大きい。

想像する余地があればあるほど追い詰められていく。

 

とりあえず、勉強しなきゃね。(忘れられるから)

広告を非表示にする